【地方上級】文章理解 英語・英文の勉強法【独学】

地方上級公務員試験の「現代文」科目について、勉強法を解説していきます。

ポイント

・英文の出題数は5問程度

・出題形式は内容把握がメイン

・安定して得点するためには、センター試験レベルの語彙力が必要

・主に単語を覚える。文法理解は不要

・過去問は毎日コツコツ、通年で取り組んでいく

地方上級試験における英文の出題数は5問程度

まず各試験種において、英文がどの程度出題されるかですが、例年以下の問題数を目安に出題されているようです。

・国家一般職 5問

・特別区 3問

・地方上級 5問

英文も、現代文と同様に多く出題される科目であることがわかりますね。

英文は、中学高校の頃から勉強している科目であり、苦手意識を持っている方も多いと思います。

しかし、地方上級試験において、英文の得点を安定させることができれば、他の受験生に比べ優位に試験対策を進めることができます。

苦手意識を持っている方も、頑張って試験対策を行うことをお勧めします。

出題形式は、内容把握がほとんど

出題形式は、現代文と同様「内容把握」「要旨把握」「空欄補充」「文章の並び替え」の形式に分類することができますが

地方上級試験においては、「内容把握」がほとんどの割合を占めるといってよいです。

「内容把握」の中身自体は、英文を日本語に翻訳する力があれば、現代文と比べ簡単なものが多いです。

よって、英文を日本語に翻訳する力のみを純粋に身についていけばよいでしょう。

地方上級試験を回答するためには、センター試験レベルの語彙力が必要

地方上級試験の英文を回答していくためには、センター試験レベルの語彙力が必要になります。

つまるところ、センター試験対策の単語帳を購入し、単語を覚えていく必要があります。

具体的には、以下の参考書がお勧めです。

文法については、「必要」という人もいるのですが、筆者は必要ないと考えます。

地方上級試験の問題は単語さえ理解できてしまえば、どのような内容が書いているかは十分に理解できるレベルです。

よって、文法の対策は行わず、単語の理解徹底してください。

過去問としては、以下のような問題集を購入し、1週~2周程度しておくようにしましょう。

 

過去問を解くときは、単語をすべて理解できるようにしなくてもよい。内容が理解できることを確認していく。

ある程度単語を覚えたのちに、公務員試験の過去問を解くことになると思いますが

問題と解いた際に、わからない単語が出てくると思うのですが、すべてを覚えようとせず「内容が理解できたか」を重視してください。

単語がわからなくても、なんとなく推測できればOKということです。

 

過去問を解く際は、回答の日本語から読み、問題文を推測していく

問題を解く際は、最初から英文を読むのではなく、まずは回答を読み英文にどんな内容が記載されているのか推測しましょう。

そのうえで、英文を読み正解の選択肢を探していくようにしてください。

英文の対策は通年を通して、空き時間にコツコツ行うこと。

英文は、他の試験科目と比べて、安定した得点ができるようになるまでに時間がかかる科目です。

よって、通年を通して取り組んでいく必要があります。

具体的には、勉強をしていて、疲れた時や、気分を変えたいときが出てきたら英文の問題に取り組むようにしたり

毎日寝る前は英語の時間にすると決めてしまうことをお勧めします。

毎日コツコツとりくんでいくようにしましょう。

独学では厳しいと感じた場合

人間には得意不得意があり、やはりこの科目はどうしても無理だ!というものがあると思います。

大学生の方にとっては、今後の40年近くの人生をかけた試験対策になります。独学での対策が難しいと感じた場合は、予備校に入学し金で時間とノウハウを買うことをお勧めします。

その場合、以下のページで解説しています1か月単位でピンポイントに予備校に入学し、苦手科目を集中対策する方法をお勧めします。

勉強がわからずに困っている方は、下のページも併せて読んでくださいね。

【公務員予備校比較】合格者がオススメする最安予備校”資格スクエア”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です