本ページはプロモーションが含まれています

公務員試験の面接で最低限守るべきマナーまとめ

こちらの記事では、面接に臨む前に最低限理解しておきたい「マナー」を紹介します。

いくら優秀な人間でも見た目が悪いと不合格!!見た目は大事にしよう

関連:【決定版】試験勉強とバイトを両立して効率的に稼ぐ方法|時給2000円超え

身だしなみを整える

男性の場合
  • 寝ぐせは絶対にダメ!ワックスやジェルで整える
  • 髪の毛はおでこが出るように短くする
  • ひげは当日の朝にしっかり剃ること
  • Yシャツの下は真っ白なシャツを着ること
  • 靴下は黒の長いものを、「くるぶしまでの靴下」は絶対にNG
  • 靴はワックスで磨いていこう
  • スーツもよれよれではダメ!クリーニングに出しておく
女性の場合
  • 前髪が眉毛にかからないようにピンやヘアスプレーで止めておく
  • ノーメイクはダメ!清潔感があるメイクをしよう。(キラキラのシャドーなどはダメ)
  • パンツスーツ、スカートスーツはどちらでもOK
  • ストッキングは伝線に備えて予備を鞄に入れておく

ちなみに、スーツの色は色彩論的に紳士的な印象を与える、ネイビースーツを推奨します。

【就活】公務員試験の面接で着るスーツの選び方【スーツ】

面接当日のマナー

①面接室に入る前には、ドアを3回ノックする。「どうぞ」と言われたのちに、ドアを開けて入室する。

②ドアを閉めた後に、面接官のほうを向き「失礼します」と言ってから、5秒間お辞儀をする。(言いながらお辞儀をしないように!)

③椅子の横へ移動する。

④「〇〇大学の〇〇です。本日はよろしくお願いします。」といい、また5秒間お辞儀をする。

⑤「どうぞおかけください」と言われたら「はい、失礼します」といい椅子に座る

⑥椅子に座った後は、背もたれに背中をつけてはいけない。背筋を伸ばして椅子に浅く座る。

以上、超基本的なマナーを解説しました。

最初に記載した通り、どれだけ優秀な人間であっても、見た目や印象が悪いと、試験に不合格になります。

残念ながら、人は見た目が7割です。

もし、このようなマナーに自信が無い人は、以下のようなマナー本を空き時間に読んで

かならず基本的な所作を身につけておきましょう。

これまでの勉強がすべて無駄になる可能性があります。

関連:【決定版】試験勉強とバイトを両立して効率的に稼ぐ方法|時給2000円超え

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です