【公務員試験】理想の公務員像【論文の書き方】

教養論文対策として、論文の作品例を紹介していきます。

こちらの論文は、筆者が試験対策として実際に準備した論文になります。

各自、論文を作成する際の参考としてお使いください。

まるパクリはだめだぞ!!

あなたが考える理想の公務員像とはなにか。考えを述べよ

私が考える理想の公務員像は、昨今目覚ましい発展を続けるIoT技術を理解、県民のために安心で便利なIoTによる新たなサービスを提供していける職員である。

昨今、AIによる自動運転やドローンなど、IoT関連の技術発展が顕著である。

しかし、わが県ではまだこれらの技術を生かした施策を具体的に実施できていない。

民間企業ではすでに、試験的にドローンを用いて離島の方々に荷物を運ぶサービスなどを開始している。

民間企業に負けることなく行政としてもこちらの技術をいち早く導入し、県民の方々に安心で安全、便利な行政サービスを提供することに努めるべきである。

しかし、最新の技術をわが県単独で研究し、行政のサービスとして提供することには限界がある。

そこで、既に自動運転やドローン技術の研究を行っている、自動車企業や通信企業などの民間企業を積極的に巻き込み、行政としての自動運転サービスやドローンサービスの導入を推進する必要がある。

 

よって、私の理想の公務員像には、行政職員として民間企業を巻き込んだ施策推進が行える力が求められる。

このためには、自らこれら最新の技術を学び、民間企業の技術者と対等に話ができるようになる「技術力」が必要である。

また、わが県とともにビジネスを行う企業を積極的に巻き込んでいく「積極性」が必要である。

 

「技術力」「積極性」を身につけるため、私が行政職員になった際は、以下の2点を実施することで私が考える理想の公務員像を目指したい。

まず「技術力」を身に着けるため、最新技術のシンポジウム等に積極的に参加しアンテナを高く持つようにする。またIoTに関する知識を自ら学び最新の技術力を習得する。

次に「積極性」を身に着けるため、日ごろから前例に囚われず「本当に必要なことは何か」「この業務を実施するとどのようなメリットがあるのか」等を常に考え改善意識をもって業務に臨む。

この2点の実施により「技術力」「積極性」をもった理想の行政職員として成長し、行政へIot技術の導入に貢献していきたい。

 

民間企業を巻き込んでいく際は、なぜ県に協力する必要があるのか、などの反発の声が企業から挙がる可能性が高いが

わが県とビジネスをともにすることで、お互いにwinwinの関係になれるよう説得し、導入を推進できる職員を目指していきたい

その他、論文の書き方

【公務員時事対策】日本経済新聞を実質無料で購読するオススメの時事対策方法 【公務員試験】理想の公務員像【論文の書き方】 【公務員試験】行政のあり方 の例文【論文の書き方】

【公務員試験】少子高齢化対策 の例文【論文の書き方】 【公務員試験】災害対策の例文【論文の書き方】 【公務員試験】地方創生【論文の書き方】

合格レベルの記入例@公務員論文試験【テーマ:格差社会問題】 【公務員試験】空き家対策【論文の書き方】 合格レベルの記入例@公務員論文試験【テーマ:スポーツ振興】

合格レベルの記入例@公務員論文試験【テーマ:地球温暖化対策】 合格レベルの記入例@公務員論文試験【情報化社会・情報格差問題】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です