地方公務員は住宅手当や住宅補助って貰えるの!?

こんにちは!

公務員試験を受験する際のモチベーションをあげるポイントとして、合格したらどれくらいお給料がもらえるのかイメージすることがありますよね。

直接的な年収だけでなく、住宅補助などの福利厚生も大事です。

例えば住宅補助が月に3万円あったとしたら、年間で36万円お給料が変わってくるわけですからね。

公務員になると住宅補助って出るんでしょうか。

今回は、公務員における住宅補助について解説していきます。

結論:公務員の種類によって、出るところと出ないところがある

結論として、公務員といっても幅広く、出る公務員と出ない公務員があります。。。

筆者は中部北陸系を主に受験していたため、中部北陸を例にあげますと

例えば名古屋市役所は、毎月7000円程度の住宅補助費しか支給されていませんでした。

しかし、愛知県庁の場合は、毎月3万円程度の住宅補助費が支給されていました。

国会公務員についても、毎月3万円程度支給されていました。

遠方への勤務が伴う可能性がある公務員の場合は、住宅補助が出るケースが多い

印象として、県庁や国家公務員は住居の移動を伴う転勤が想定されます。

このような勤務形態がある公務員については、住宅補助費が支給されるケースが多いようです。

一方市役所のような、転勤が伴うケースが少ない公務員については、住宅補助はあまり支給されないようです。

ただ、市役所でも待遇が市役所ごとに異なるようで、3万円程度の住宅補助が支給されているところもあるようです。

よって、受験する自治体や省庁の住宅補助が支給されるか、検索するのが良いと思います。