【公務員試験】グローバル化した社会に対応した人材育成【論文の書き方】

教養論文対策として、論文の作品例を紹介していきます。

こちらの論文は、筆者が試験対策として実際に準備した論文になります。

各自、論文を作成する際の参考としてお使いください。

まるパクリはだめだぞ!!

グローバル化した国際社会において活躍できる人材を育成するために、行政は何をすべきか。考えを述べよ

グローバル化した国際社会において活躍できる人材を 国外の異なる価値観の国々と、文化を越えて関係を構築できる人材であると定義する。

昨今、インド等の新興国の台頭によりグローバル化が加速する国際社会においては、今までよりも異なる文化を持つ国々と国際協力を図る必要性が増してきている。

しかし、グローバル化に対応した人材を構築する上での課題として、我が国の学生は英会話力が低い傾向にあり、グローバル人材の第一歩である、海外留学や在外経験を希望する若者が少ないことが挙げられる。

原因として、国際社会で通用する語学力を取得するためには、年齢的に若い初等中等教育の段階から実践的な英会話能力を習得しておくべきだが、現在我が国では、初等中等教育の段階における英会話能力の育成が有効に行えていないことが挙げられる。

この課題に対する解決として、初等中等教育段階での英会話能力の育成を強化するべきである。

具体的には、初等中等教育の段階から、英会話での討論を行ったり、プレゼンテーションを行う教育を取り入れるなど授業中に、学生が実践的な英会話のアウトプットが行える機会を増やしていく取り組みを実施すべきである。

そのために、学校の教師が英会話を教えるだけでなく、海外勤務や留学経験のある社会人等に英会話教育に参画していただき学生のプレゼンテーションや討論を支援できる仕組みを構築するべきである。

これにより、より実践的な英会話を若い段階から学ぶことが可能になる。

期待される効果として、年齢的に若い段階から実践的な英会話のアウトプットを行う機会が増加し、学生の英会話力が向上、グローバル人材の第一歩である、海外留学などを志す学生を増加させることができる。

我が国は、諸外国に比べ英語を取得していなくても日常生活に支障がなく、国が主導して積極的に英会話を取得する機会を提供していく必要がある。

グローバル化に対応した人材育成に対して本気で取り組むという 強い意気込みをもって、本施策を実施していくべきである。

ほかの論文作品例も見たい方はこちら!

論文試験対策