【公務員試験】地方創生【論文の書き方】

教養論文対策として、論文の作品例を紹介していきます。

こちらの論文は、筆者が試験対策として実際に準備した論文になります。

各自、論文を作成する際の参考としてお使いください。

まるパクリはだめだぞ!!

都市群から、山村、離島まで様々な地域が存在する愛知県の魅力と活力ある地域とするため、本県行政が取り組むべき施策について考えるところを述べよ(800文字)

愛知県には、名古屋駅や栄などの都市群、香嵐渓などの山の自然、佐久島の海の自然など多種多様な地域が存在する。

これらのすべての地域を継続して発展していく事で、今後も他の県に負けない魅力的な県にしていく必要がある。

しかし、都市群以外の地域は現在人口減少が進んでおり、今後も人口減少が進んだ場合継続した発展に必要となる、地域の労働人口確保に対する課題が顕著となる。

この課題解決に対して、一定数存在する都心を離れて田舎でゆっくりと暮らしたいと考える人々を誘致していく施策を実施すべきである。

しかし、住み慣れた地域を離れ、現地の人々と新たなコミュニティを形成していくのはハードルが高いことが挙げられる。

そこで県として、現地の市町村と連携として、振興させたい地域に対して、移住者に向けた村や町の整備を行うことで移住のハードルを下げる施策を実施すべきである。

具体的には、スーパー、病院の誘致や交通インフラの整備、移住者に向けた相談窓口を現地に開設する。

また、まずは旅行気分で現地に来ていただけるよう、1週間から1か月程度の体験入村キャンペーンを実施する。

実際に移住を検討いただける市民にたいしては、行政として賃貸の紹介や、現地の振興事業に携わる仕事の紹介などを進めていく。

また、これらの施策を県内だけでなく県外に対しても発信していく事で、県外からの移住者の獲得も狙うべきである。

期待される効果として、現在課題となっている都市部以外の人口減少に対する解決だけでなく、現地振興事業の労働人口の確保にも貢献できる。

施策実施に当たりインフラの整備に対しては、多額の費用を要することからハードルが高いことが想定されるが、愛知県の魅力を生かした継続的な発展を行うためには必要な施策であるため、愛知県は日本で一番地方の振興事業に積極的な町であることを目標に掲げ取り組んでいくべきである。

その他、論文の書き方

【公務員時事対策】日本経済新聞を実質無料で購読するオススメの時事対策方法 【公務員試験】理想の公務員像【論文の書き方】 【公務員試験】行政のあり方 の例文【論文の書き方】

【公務員試験】少子高齢化対策 の例文【論文の書き方】 【公務員試験】災害対策の例文【論文の書き方】 【公務員試験】地方創生【論文の書き方】

合格レベルの記入例@公務員論文試験【テーマ:格差社会問題】 【公務員試験】空き家対策【論文の書き方】 合格レベルの記入例@公務員論文試験【テーマ:スポーツ振興】

合格レベルの記入例@公務員論文試験【テーマ:地球温暖化対策】 合格レベルの記入例@公務員論文試験【情報化社会・情報格差問題】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です