【地方上級】地学の勉強法【独学】

地方上級公務員試験の「地学」科目について、勉強法を解説していきます。

ポイント

・地学は1~2問出題される

・出題分野は広いが、昨年出た分野は出ない可能性が高い

・地学は暗記科目、過去問をアウトプットいて内容を覚える

・対策は直前期にやればOK

地学の出題は1~2問

地方上級試験において、地学は例年1~2問出題されているようです。

ちなみに近年、国家総合職、国家一般職は地学が出題されていないようです。

よって、ほぼ地方上級のみのために対策する科目であるようです。

出題分野は広く出題されるが、昨年出た分野は出ない可能性が高い

地震、岩石、火山、地層、気象、宇宙、満遍なく出題されてるようです。

よって、あまり山を張ることはできません。

あえて言うなら、昨年度試験に出た分野は出題されない可能性が高いようです。

しかし、地学は比較的簡単な出題が多く、化学や生物に比べて覚える内容が少ないので

数学、物理、化学、生物、地学の中でどれか一つ選ぶとしたら、地学を選んで対策することをお勧めします。

地学は暗記科目。過去問を解いて内容を覚えていくスタイルがオススメ

地学は完全に暗記科目です。

また、高校時代に学習している人が少ない科目です。

よって、公務員試験でもそれほど難しい科目が出ません。

過去問を解いて、間違えた問題の回答を覚えていけば、本番でも安定して得点ができるようになります。

センター試験の地学の参考書を購入して、あたらめてインプット型の学習を行う必要はありません。

以下の過去問のみを購入して学習しましょう。

対策は直前期である4月、5月に、過去問を2周もやれば十分。

物理、化学、生物、地学、地理、数学すべてに言える事ですが、対策は直前期に行ってください。

他の主要な科目の対策が完了し、あと1点ほしい!となったときにはじめて勉強する科目です。

しかし、地学は勉強すれば簡単に得点できるようになる科目ですので

ぜひ、地学は最終的にはできるようになって、本試験に臨んでください。

頑張りましょう!

独学では厳しいと感じた場合

人間には得意不得意があり、やはりこの科目はどうしても無理だ!というものがあると思います。

大学生の方にとっては、今後の40年近くの人生をかけた試験対策になります。独学での対策が難しいと感じた場合は、予備校に入学し金で時間とノウハウを買うことをお勧めします。

その場合、以下のページで解説しています1か月単位でピンポイントに予備校に入学し、苦手科目を集中対策する方法をお勧めします。

勉強がわからずに困っている方は、下のページも併せて読んでくださいね。

【公務員予備校比較】合格者がオススメする最安予備校”資格スクエア”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です